日本印刷出版株式会社

NEWS!!

ラグビー花園近鉄ライナーズのオフィシャルパートナーになりました。

【知らないと損】あなたのYouTube再生数が伸びない6つの理由

この記事ではこのような疑問を解決いたします!

結論として、YouTubeが伸びないのは以下に該当している可能性が高いです。

とはいえ、一言で理由をお伝えしたとしてもそれは実際あなたに起きていることなのかどうなのかはすぐには理解が難しいかと思います。

ただ、これらの伸びない理由を全く把握しないままチャンネル運営を続けるのは大切な時間と努力が報われない結果になる可能性が高いです。

この記事では、そのようなことが起こらないようにYouTubeが伸びない理由に焦点を当てて、よくありそうな例を交えながら解説いたします。

耳が痛い点もあるかもしれませんが、あなたのYouTubeが伸びない理由に該当していないか意識しながらチェックすると効果的です。

1. ターゲットとする視聴者の不明確化

YouTubeチャンネルの成長において、ターゲットとする視聴者とは、そのチャンネルのコンテンツに興味を持つ特定の視聴者グループのことを指します。

少し専門用語ですと「ターゲットオーディエンス」とも言われます。

ターゲットとする視聴者の明確化はとても重要で、視聴者が具体的に何を求めているのかを理解することは、効果的なコンテンツ戦略の構築に不可欠です。

しかし、多くのチャンネル運営者はこの点を見落とし、結果として視聴者のエンゲージメントとチャンネルの成長を阻害しているケースが多いです。

1.1 ターゲットとする視聴者の定義が曖昧

例えば、健康とフィットネスに関するチャンネルがあったとします。

成功するチャンネルは、たとえば「20代後半から30代の女性で、家で簡単にできる運動に興味がある」というように、非常に具体的な視聴者像を持っています。

しかし、多くのチャンネル運営者は、「健康に興味がある全ての人」と広範なターゲットにしてしまうことがあります。

このようにターゲットが広すぎると、特定のニーズや関心を満たすことができず、熱心なフォロワーを獲得するのが難しくなり、結果的に長期的な視聴者を獲得しづらくなります。

1.2 視聴者との接点が不足

視聴者との効果的な接点を築くことは、YouTubeチャンネルの成功において重要ですが、多くのチャンネル運営者はこの点で失敗しがちです。

例えば、あるチャンネルが「最新のフィットネストレンド」に関するビデオを投稿したとします。

視聴者から「特定の運動についてもっと詳しく知りたい」というコメントが寄せられましたが、チャンネル運営者はこのコメントを理解せず、全く異なるトピックに移行してしまいました。

このように視聴者のフィードバックや質問を無視し続けることは、彼らのエンゲージメントを損ね、チャンネルへの興味や忠誠心を低下させる原因となります。

他にも視聴者のニーズや関心に合わないコンテンツの投稿はよくある失敗事例です。

例えば、ターゲットとする視聴者が「初心者向けのヨガ」に関心があるにも関わらず、チャンネルが高度なポーズや専門的な話題を中心に扱う場合、視聴者は自分たちのニーズが無視されていると感じ、エンゲージメントが落ち込むことがあります。

このように視聴者のニーズに対応しないコンテンツは、視聴者の関心を引き続けることができず、チャンネルの成長を妨げる要因になります。

2 コンテンツの質と一貫性の欠如

YouTubeチャンネルが成長するためには、高品質で一貫性のあるコンテンツが必要です。

多くのチャンネル運営者が見落としているのは、視聴者が期待するレベルの質と、チャンネルの特定のスタイルやテーマの維持です。

2.1 高品質なコンテンツの不足

YouTubeで成功するためには、視聴者が楽しめる、わかりやすく、面白いコンテンツが必要であることは理解されていると思います。

しかし、多くのチャンネルがこの点で苦戦しており、その結果、視聴者を引きつけることができていません。

例えば、前提として映像がぼやけていたり、音声が聞き取りにくかったりするビデオは、視聴者がすぐに離れてしまう原因になります。

また、話が長くてポイントがはっきりしないビデオも、視聴者の興味を失わせます。

YouTubeにおける高品質なコンテンツとは、クリアで見やすい映像、聞き取りやすい音声、そして視聴者の注意を引く面白い話題や情報を適切なテンポで提供することです。

こういったコンテンツは、視聴者が楽しんで見ることができ、継続的に視聴する理由につながります。

2.2 一貫したテーマやスタイルの欠如

投稿動画のテーマやスタイルの一貫性が無いこともYouTubeチャンネルが伸びない理由の一つです。

YouTubeチャンネルでの「スタイル」とは、ビデオの撮影方法、編集スタイル、プレゼンテーションの方法、さらには話し方やユーモアの使用など、コンテンツを提示する際の一貫したアプローチを指します。

チャンネルが一定のテーマやスタイルを維持することで、視聴者は何を期待してよいかを理解し、チャンネル登録に繋がります。

しかし、伸びないチャンネルではしばしばビデオごとにテーマやスタイルが異なるケースがあります。

一貫性のないチャンネルは視聴者が混乱し、関心が低下します。

例えば、極端な事例だとある日は料理に関するビデオを、次の日は極端なスポーツについて投稿するなどが考えられます。

このようにテーマに一貫性がないと視聴者はどのようなコンテンツを期待してよいか分からなくなります。

さらに、同じジャンル内でも内容のズレが生じると、視聴者は混乱しやすくなります。

たとえば、料理チャンネルがある日は初心者向けの簡単なレシピを提供し、次の日には突然、高度な技術を要する専門的な料理を紹介する場合、視聴者はチャンネルの方向性を理解できず、失望してしまう可能性があります。

初心者向けのレシピを期待していた視聴者は、専門的な内容についていけず、離れてしまうかもしれません。

一方で、高度な料理技術に興味がある視聴者も、基本的な内容のビデオには魅力を感じないでしょう。

このように、同じジャンル内でも、コンテンツのテーマや難易度に一貫性を持たせることが、視聴者を維持し、チャンネルの成長を促進するための基本的な考え方です。

3 効果的なSEO戦略の欠如

YouTubeのSEO戦略の失敗は、ビデオが検索結果や関連動画に適切に表示されない原因となり、チャンネルの成長を妨げます。

3.1 キーワード最適化が不十分

多くのチャンネルはキーワード最適化の重要性を見落としており、その結果、ビデオが検索結果や関連動画で見つかりにくくなっています。

たとえば、あるチャンネルが「健康食品」に関する動画を投稿したものの、人気のキーワードやトレンドを無視していたため、検索結果で見つけられないということが考えられます。

また、関連する人気ビデオのキーワードを取り入れないことで、本来表示されるべき関連動画に表示される機会も失ってしまう可能性があります。

3.2 タイトルや説明文の最適化不足

タイトルと説明文の最適化を怠っているチャンネルは伸びないことが多いです。

タイトルは店舗における「看板」の役割を持っており、ここを怠ると視聴者の目に入った時も注目されずに動画の存在を知られず、視聴の機会を逃してしまいます。

例えば、「美味しいヘルシーレシピ」のような曖昧なタイトルでは、視聴者がビデオの内容を理解できず、クリックする可能性が低くなります。

また、説明文が不十分でキーワードが含まれていないと、検索結果や関連動画で目立つことができず、視聴者を引き付ける機会を逃すことになるでしょう。

4 不十分なプロモーションとエンゲージメント戦略

YouTubeチャンネルの成長を妨げる一つの大きな問題は、プロモーションの戦略が不十分であり、視聴者とのエンゲージメントが不足していることです。

4.1 プロモーションの戦略不足

多くのYouTubeチャンネルは、十分なプロモーションを行っていないため、潜在的な視聴者に届いていません。

例えば、新しい動画をアップロードしただけで終わり、それをSNSなどで広める努力を怠っているチャンネルがあります。

これにより、動画の存在を知らせる機会を逃し、視聴者数の増加につながらない事例が多々あります。

他にもフィットネスに関心のある視聴者に対してゲームのPRを行うなど、ターゲットとしない視聴者にアプローチすることで、効果が薄れてしまう事例もあります。

4.2 視聴者とのエンゲージメント不足

エンゲージメント(関係)の不足は、視聴者との関係を弱めます。

例えば、視聴者がコメントで質問やフィードバックを提供してくれたにもかかわらず、チャンネル運営者が返信しない場合、視聴者は無視されていると感じるかもしれません。

また、あるチャンネル運営者が視聴者からのリクエストを完全に無視し続けることで、視聴者がチャンネルに対する関心を失ってしまうケースもあります。

視聴者との積極的なコミュニケーションや対話がなければ、エンゲージメントの減少につながり、引いてはチャンネルの成長が阻害される可能性があります。

5 不適切な分析とパフォーマンス測定

YouTubeチャンネルの効果的な管理には、パフォーマンスの適切な分析と、そのデータに基づいた改善が必要です。

しかし、多くのチャンネルではこれらの側面が無視されており、成長の機会を逃しています。

5.1 チャンネルのパフォーマンス分析不足

ビデオの視聴回数、エンゲージメント率(いいねやコメントの数)、視聴時間などのパフォーマンス指標はYouTube Studioを通じて確認することができます。

ですが、チャンネル運営者の中には定期的な分析をあまり実施しない方もおられます。

例えば、あるチャンネルが視聴回数が低いビデオを繰り返し投稿しているにも関わらず、その原因を分析せず、同様のコンテンツを続けているケースがあります。

このように、動画投稿に関わるデータを無視すると、改善のための重要な洞察を見逃し、効果の低い戦略を続けることになります。

5.2 データに基づいた改善策の欠如

パフォーマンスデータを収集した後、それを活用してチャンネルの戦略を改善することが重要です。

しかし、データを活用しないチャンネルでは、視聴者の好みや行動パターンに基づいた戦略的な調整が行われていません。

たとえば、視聴時間が特に長いビデオには何かしら視聴者にとって良い部分があります。

良い部分の要素が何かを分析せず、その要素を他の動画に取り入れないことは、成長の機会を逃す行為です。

また、どのタイプの動画が最もエンゲージメントを生むかを理解しないままコンテンツを作成すると、視聴者の関心を引くことができない可能性が高まります。

6 競合他社との差別化不足

YouTubeチャンネルの成功には、他のチャンネルと差別化する戦略が不可欠です。

しかし、多くのチャンネルがこの点で失敗し、独自の価値提案を持たずに競争に埋もれてしまっています。

6.1 他のチャンネルとの差別化戦略が不明確

たとえば、ある旅行チャンネルが他の多くの旅行チャンネルと同様の内容を提供しているため、特に目立たない存在になっています。

彼らは人気の観光スポットを紹介するビデオを制作していますが、他のチャンネルも同様の内容を提供しているため、視聴者にとってこのチャンネルが他とどう違うのかが不明確です。

差別化の欠如は、視聴者に新鮮さや独自性を提供できず、成長の機会を逃す原因となっています。

6.2 独自の価値提案の不足

さらに、独自の価値提案が不足しているチャンネルも多く見られます。

例えば、ある料理チャンネルが他の料理チャンネルと同じようなレシピや料理方法を紹介しているとして、そのコンテンツに独自の要素を加えていないため、視聴者にとって魅力的に感じる理由が少ないケースがあります。

特定の料理法、文化的背景、または特殊な食材を積極的に使用するなど、独自のアプローチを取ることで視聴者に新しい価値を提供できるはずですが、このチャンネルはその機会を逃していることになります。

7. まとめ

この記事では、チャンネルが伸び悩む主な理由として、ターゲットとする視聴者の不明確化、コンテンツの質と一貫性の欠如、効果的なSEO戦略の欠如、プロモーションとエンゲージメントの不十分さ、適切な分析とパフォーマンス測定の欠如、そして競合他社との差別化の不足の例を挙げました。

これらの問題点を克服することによって、YouTubeチャンネルの成長と成功を促進できます。

視聴者のニーズを理解し、質の高い一貫したコンテンツを提供すること、SEOを最適化し、積極的なプロモーションと視聴者とのエンゲージメントを図ること、そして他のチャンネルと差別化する独自の価値を提供することが重要です。

ただ、最初はどのようにこれらを具体的に進めていけば良いか理解するのは難しいかと思います。

弊社「日本印刷出版株式会社」では実際にYouTubeチャンネルを運用した実績を元に、YouTubeコンサルティングを含む動画配信サポートサービスを行なっております。

機材の選定から、チャンネルの伸ばし方まで一気通貫で対応させていただくことも可能です。(もちろん一部分だけのご依頼も可能です)

チャンネル運営に悩んでおられましたら、まずはお気軽にご状況をお聞かせくださいませ。

▲日本印刷出版の動画撮影・配信サポートをチェックする
上部へスクロール