日本印刷出版株式会社

NEWS!!

ラグビー花園近鉄ライナーズのオフィシャルパートナーになりました。

【初心者必読】ChatGPTの始め方と使い方を解説

chatgpt-howtouse

突然ですがChatGPTについて耳にしたことはありますか?

ChatGPTはOpenAI社が開発した、人工知能を活用した会話型のプログラムです。私たちが日常使用する言葉で質問やコメントをすると、それに対して適切な反応を返してくれます。まるで人間と対話しているかのような自然さが特徴です。

ChatGPTは、情報検索、文章作成の補助、アイデア生成など、幅広い用途に対応しています。

これほどまでに多機能であるため、仕事や日常生活で大きな助けとなることでしょう。しかし、その潜在能力を最大限に引き出すためには、基本から応用まで、適切な使い方を理解することが重要です。

この記事では、ChatGPTの概要から始め、どのようにして使用を開始するのか、PCでの効果的な活用方法に至るまで、幅広く解説していきます。さらに、よくある疑問点についても触れ、ChatGPTをより深く理解し、あなたのビジネスや個人生活に有益な方法で活用するための指針を提供します。

ChatGPTに関心がある方、使いこなし方に不安がある方に向けた内容ですので、生成AI活用時代に取り残されないためにもぜひ最後までお読みください。

ChatGPTとは

ChatGPTは、人工知能(AI)技術の最前線を走るOpenAIによって開発された、革新的な会話型AIです。

OpenAIは、AIの研究開発において、倫理性と安全性を重視する非営利組織からスタートし、現在ではAI技術の民主化を目指す先駆者として知られています。この会社は、人類全体の利益を考慮したAIの開発と普及に尽力しており、ChatGPTはその代表的な成果の一つです。

ChatGPT自体は、2022年末に公開されました。このツールは、OpenAIが開発したの強力な言語理解能力を活用し、ユーザーが入力するテキストに対して、より自然で人間らしい対話を実現することを目指しています。

ChatGPTは、数十億もの単語から成るテキストデータをもとに学習し、人間らしい会話を実現するための複雑なアルゴリズムを有しています。このAIは、ユーザーからの様々な入力に対して、文脈に応じた適切な応答を返すことができます。その応答は、日常会話から専門的な知識に関する問いまで、幅広い範囲に及びます。

OpenAIによるChatGPTの開発は、AIが人間の生活においてより良い助けとなることを目指しています。教育からエンターテインメント、ビジネスに至るまで、ChatGPTは多岐にわたる分野での応用が期待されており、その柔軟性と精度は、情報検索、文章作成の支援、アイデアの生成といった様々な状況で価値を発揮します。

OpenAIがこのような高度なAI技術を一般向けにも提供することで、生活や働き方に新たな可能性をもたらしつつあります。

ChatGPTの使い方

まず最初にアカウントの作成を行うこと。次に基本的なChatGPTの使い方を理解し利用してみることが必要です。

アカウント作成はメールアドレスとパスワード設定で簡単に作成可能です。ChatGPTの使い方はシンプルで、トップ画面を開き「ChatGPTにメッセージを送る」となっているメッセージボックスに入力し、Enterまたは「↑」のボタンを押すことで、ChatGPTが返信してくれます。

アカウントの作成

ChatGPTを始めるには、まずOpenAIの公式ウェブサイトのログイン画面にアクセスし、「登録」からアカウントを作成します。アカウント作成は簡単で、メールアドレスとパスワードを入力するだけです。5分程度で完了します。

次に、ChatGPTサービスにアクセスし、利用開始のための基本的な設定を行います。これには、言語選択や、興味のあるトピックの指定などが含まれます。

設定が完了したら、テキストボックスに質問やコメントを入力して、ChatGPTとの対話を開始できます。

ChatGPTの基本的な使い方

ChatGPTを使い始めたら、基本的な操作方法を覚えておきましょう。操作は非常にシンプルで、ユーザーが行うべき主なアクションは、テキストボックスに質問やコメントを入力し、送信することです。

送信方法には二つあり、Enterキーを押すか、画面上の「↑」ボタンをクリックします。これにより、あなたの入力に対してChatGPTが返信を行います。

利用の際の基本的なポイントを以下に解説いたします。

質問は具体的に

ChatGPTに質問をする際は、できるだけ明確で具体的な質問を心がけましょう。

例えば、「東京の観光スポットは?」よりも「東京でおじいちゃんと訪れるべき観光スポットは?」と質問する方が、より具体的な回答を得やすくなります。

応答のカスタマイズ

ChatGPTは、入力されたテキストに基づいて回答を生成しますが、応答のスタイルや内容をある程度カスタマイズすることも可能です。

例えば、よりフォーマルな回答や、特定の内容に関する詳細な情報を求める場合、その旨を質問に含めることで、期待に沿った回答を得やすくなります。

「簡単に〜」「〜がわかるように」などは非常に使いやすいカスタマイズです。ぜひお試しください。

履歴の活用

ChatGPTとのやりとりは履歴として保存されるため、過去に行った会話を振り返ることができます。

これにより、以前に得た情報を再確認したり、ある質問に対する回答がどのように変化するかを見ることが可能です。履歴の活用は、ChatGPTとの対話をより深く理解するための有効な手段です。

ChatGPTの基本的な活用方法

ChatGPTは柔軟性と幅広い用途が魅力です。基本的な使い方から始めて、徐々にさまざまな機能や応用を行うことで、日常生活や仕事の多くの面でChatGPTを活用することができます。

単に情報を検索するだけでなく、メールの草稿作成、文章の要約、アイデア生成、さらには個人的な悩みの相談に至るまで、様々な課題に対応することができます。これらの機能を最大限に活用するには、明確かつ具体的な質問をすることが重要です。ChatGPTは、入力された情報に基づいて回答を生成するため、質問が明確であればあるほど、より適切な回答を得られる可能性が高くなります。

また、ChatGPTとのやりとりを通じて、新しい知識を得たり、創造的なアイデアを発展させたりすることも可能です。この使い方は学習や研究、さらには趣味の領域においても便利に活用することができます。中には教育革命と述べられる方もいらっしゃいます。

ChatGPTの活用方法は多岐にわたり、その利用方法は利用者がどのように利用するかを考えることによりさらに広がります。

以下では、ChatGPTを使って実現できるいくつかの具体的な使用例を5つ解説します。

必ずしもこの使い方をしなければいけないわけではないので、ぜひ積極的に活用してあなたにとって便利な使い方を探してください。

わからないことを聞く

ChatGPTを使って、わからないことがあればすぐに質問できます。

例えば、「ブログって何?」と入力すれば、その情報に基づいた回答を得ることができます。ChatGPTは幅広い知識を持っているので、様々な分野の質問に答えることが可能です。

ただし、年号や計算など数字を扱う内容については出力結果に注意が必要です。

文章だけで説明されること、インターネット上に昔から情報がありそうなことを意識して質問をすると適切な結果が返ってきやすいです。

メールの下書き作成

ChatGPTは、メールの下書き作成にも役立ちます。

あなたが伝えたい内容を簡単に説明すれば、それに基づいて丁寧なメールの下書きを作成してくれます。ビジネスメールだけでなく、友人や家族へのメッセージ作成にも便利です。

ただし、そのまま出力されるものは必ずしも期待通りでないことが多いです。これはChatGPTはあなたの脳内や経験を完璧にトレースできているわけではないからです。気になる場合は下書きを元にご自身の言葉で修正すると時短につながります。

場合によってはあなたのメール文章を前提としてChatGPTに知らせることも有効です。(外部に漏らしてはいけないメールは入れないでおきましょう)

前提の文章を入力することで、類似する文章を作成してもらえる確率が上がります。

文章の要約

長い文章やレポートを短く要約するのにChatGPTは非常に便利です。

元のテキストを入力すれば、主要なポイントを押さえた短い要約を提供してくれます。この機能は、情報の整理や学習の際に特に役立ちます。

読むのが大変な長文ニュースなどを入力してみることから始めてみましょう。

アイデアの叩き台作成

新しいプロジェクトやプレゼンテーションのアイデアが必要な時、ChatGPTに相談してみるのもおすすめです。

テーマや目的を伝えれば、さまざまな提案やアイデアの叩き台を提供してくれます。クリエイティブなプロセスの初期段階で役立つでしょう。

ただし、こちらもメールと同様にそのままだと「こんなの使えないよ…」と思われるかもしれません。あくまでアイデア・発想の参考として活用してみるところから始めるのがおすすめです。

使い方に慣れてくるとかなり高いレベルまでアイデア出しから計画の実行、ロードマップ作成まで進めることもできます。最初からは正直難しいので根気強く使い続けて徐々に慣れていきましょう。

お悩み相談

個人的な悩みや職業上の問題など、ChatGPTに相談することができます。

ChatGPTは人間に相談するように伝えると、人間らしい対応を意識して様々な相談に乗ってくれます。ただし、ChatGPTは一般的・平均的なアドバイスしか行ってくれないため、専門的なアドバイスが必要な場合は、専門家への相談を促されるケースが多いです。あくまで気休めとしてご利用ください。

ただ、人間は頭の中で感じていることを吐き出すだけでも大変スッキリするものです。壁打ち相手としては最適なためおすすめの活用法です。

よくある質問・注意点

ChatGPTを使い始めるにあたり、多くのユーザーが抱く疑問や注意すべき点について、ここでいくつか取り上げます。

ChatGPTの無料期間は?

ChatGPTは基本的にずっと無料でアクセス可能です。有料プランへは意識的に変更しない限り課金されることはありませんのでご安心ください。

GPT-4による回答やGPTsを利用するには有料プランへのアップグレードが必要です。

無料で提供されている機能でも基本的な回答は可能ですが、より精度の高い回答や画像や外部データの活用を望む場合は、ChatGPT Plusに登録することを検討してください。

ChatGPTは嘘をつくんでしょ?

ChatGPTは入力された情報を基にして回答を生成しますが、その情報源が常に正確であるとは限りません。また、解釈の違いにより誤った回答を出すことがあるのは事実です。ChatGPTは推測に基づいて回答を生成することがあり、そのために不正確な情報を提供することがあります。

しかし、意図的に虚偽の情報を提供することはありません。

情報の正確性に疑問がある場合は、複数の信頼できる情報源で確認することが重要です。大事なのは提供される情報を鵜呑みにしないことです。

頻繁にChatGPTを使用していると「この質問は高い精度で回答されそうだな」「この質問はあんまり良い答え返ってこなさそうだな」ということがわかるようになってきますので、まずは恐れずに利用してみてください。

また、精度に関してはやはり有料版(GPT-4)の方が圧倒的に高いため、無料版だけで「AIは使えないな」と判断してしまわないようにしましょう。

よくわからないけど使うのはなんか怖い

利用する前から怖いと感じるのは知らないことが原因であることが多いです。例えば心霊現象を怖く感じるのは理解できない事象の不気味さだったりします。

ChatGPTについても同様で「なぜ質問したら答えが返ってくるの?」「なんでこれが無料で利用できるの?」など不安を感じるのは当然のことです。

実際にChatGPTやその他のAI技術を利用する際には、プライバシーやデータの取り扱いに関する規約を理解することはとても重要です。OpenAIはユーザーのデータ保護を重視しており、個人情報の取り扱いに関して透明性を確保していますが、機密情報を入力することは許されることではありません。

一方で情報漏洩に気をつけていれば比較的安心して利用できるサービスにはなります。

最初は億劫かもしれませんが、意識的に積極的に利用していく中で「これは大丈夫なものなんだ」という理解が進んでくるかと思います。

さいごに

ChatGPTは、日常生活や仕事の様々な面で革新的な変化をもたらす可能性を秘めています。

本記事を通じて、ChatGPTの基本的な概要から使い方、よくある質問や注意点を解説いたしました。これらの知識をもとに、ChatGPTを安心して、そして効果的に利用することができるでしょう。

ChatGPTは、情報検索、文章作成、アイデアの生成、さらには個人的な悩み相談まで、多岐にわたる用途で活用できる非常に柔軟なツールです。その使い方は、利用者の使い方とニーズによってどんどん広がります。ChatGPTを使いこなすことで、日々の作業をより効率的に、結果的に人生を豊かにすることができます。

最後に、ChatGPTやその他のAI技術を利用する際は、常に倫理的なガイドラインを念頭に置き、プライバシーとデータ保護に配慮することが重要です。技術の進化は、私たちの生活を大きく変える力を持っていますが、その利用方法を適切に選択する責任もまた、私たちにはあります。

ChatGPTを活用することで開かれる、新たな可能性を存分に探求し、あなたの日常に革新をもたらしてください。

日本印刷出版では最新の情報を活用したWEB制作やマーケティングを積極的に実施しております。

AI活用時代に取り残される恐怖を感じている方は当ブログをチェックし、活用を検討される際は以下の詳細を確認いただき、ぜひお問い合わせください。

↑詳細は画像をクリック
上部へスクロール